菊和弘 柳刃包丁


柳刃庖丁は三徳包丁・菜切包丁などと同じ和包丁のひとつです 用途は生の魚介類を刺身などのために切り身などを薄く切るために使われています 柳刃の刃の長さの違いは切り身を一回で引いて切れる長さ、イコール刃の長さとなります 切れ味の良い柳刃包丁で切ることにより、身がつぶれないだけではなく、素材の細胞のひとつひとつがつぶれることがなく、きれいに切断することができます そのことにより素材に対する、食感や舌触りも変わってきますので刺身での柳刃包丁の重要性は非常に高いと言えます
 
ここがポイント!
     
  伝統技法により日本刀のような鋭い切れ味と美しさ
  安来鋼 青紙弐号を手打鍛造・鍛接することにより通常の刃物より長切れ(切れる期間が長い)します
  柄の素材に紫檀木を使用。 木目も美しく長年使用しても汚れが目立ちにくい
  研ぎ直しや修正など修理ができる
 
 
Instagram    Facebook    YouTube
Designed by FreeHTML5.co