菊和弘 菜切包丁


菜切包丁は農作物中心の日本で長い間日本人に慕われた昔ながらの万能型包丁です
日本の食材に合うように考えられた包丁ですので、どのような食材にも幅広くお使い頂けますが、名称の通り「野菜」「菜っ葉」などの食材に最も能力を発揮します
昔からある和包丁の形なので、慣れ慕われた方も多いのではないでしょうか
先端も万能型の三徳とは違い先が尖っておりませんので、より安全にお使いいただけます
ハガネは高硬度の安来製青紙鋼を使用しているので、一般的な包丁より長く切れ味を持続することが可能です
また鋼と鉄の三層構造により、先端部は硬度の高い青紙で、鋭い切れ味を長く保ちつつ、周りを軟鉄で包むことにより、衝撃にも強くなっております
容姿も日本刀と同じく鋼と鉄の境界が波紋となって強調されておりますので、美しく実用的な逸品に仕上がっております
柄の素材にもこだわり、天然の高級紫檀木を使用しております
天然の美しい木目が特徴で長年使用しても汚れが目立ちにく、また水にも強いのが特徴です
形状もシノギ付き(栗型)のなので握りやすく、しっかりとホールドすることができ、安全性も確保しております

※魚の骨などの固い食材は出刃包丁、冷凍食品は冷凍食品用の包丁をお使いください


 
ここがポイント!
  高硬度の安来青紙鋼で切れ味の持続時間が非常に長い
  日本刀のように鋼の境界の波紋が美しい容姿
  野菜や菜っ葉などの素材に最も適している
  昔ながらの和包丁でご年配の方へのプレゼントにも最適
  天然の高級紫檀柄で水に強く汚れも目立たない
  握りやすく滑りにくいシノギ付き形状で安全
  研ぎ直しや修正など修理ができる
  桐箱入りで高級感のある贈り物に
 
 
Instagram    Facebook    YouTube
Designed by FreeHTML5.co